猪木・新間・馬場

2007年12月

2007年12月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

半月ぶりの更新!

社会人の事情でやっとこさ『GENOME2』をPPV観戦。
大会から一週間ちょっとしか経っていないのに、ずいぶん昔のことのようです^^;

今回のIGFも大満足の大会でした。良い試合が多かったってことじゃなくて、メイン終了後の大混乱とか…^^;
やっぱり、「なんじゃこりゃ~」とか、「この先、どうなるんだぁ~」みたいなのがタマらないです。
これからもこの路線でいってほしいです。猪木が生きている間は^^;

残念だったのはこれ↓


小川に胸倉を掴まれた直後なんですが、猪木の鬼の形相が小川の後頭部に完全に隠れちゃってます。

…これが好きなのにぃ~^^;


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

一日遅れで『BOUT REVIEW』にも記事が出ましたね。↓

1.13 新宿:須藤信充「来年こそパーッと行く」

 今回の相手の寒川について「テクニックは日本一。ごまかしの効かない相手」と評する須藤。「2回ヘマしてるから、今度は勝たないとダメ」と覚悟を示し、「来年こそはパーッと行く」とお得意のフレーズで決意を現した。

なんでこれ↑のうしろ二つのコメント部分を放映しなかったんだ?>サムライTV
そこが須藤選手のウリじゃないか!みんな、期待してんだからさ^^;

あと、龍二戦での脳ダメージは残ってないみたいですね。
一時は「セカンドインパクトシンドロームの後遺症」なんて物騒な話まで出ていたんで、ちゃんと検査を受けた事が公になったことは良いことですね。
悪い噂、憶測はこれで打ち消されました。


サムライTVのオンエアは2月上旬だって。ガオラなみに時間がかかるなぁ^^;


[RSS] [Admin] [NewEntry]



今日のサムライTV「Sアリーナ」で昨日の会見をやってた。正味2分程度だけど^^;
見てて気になったのは、須藤選手の元気のなさ。熊久保氏は「さすがに、そろそろビックマウスも控えたんじゃないですかね」なんて言ってたけど、ちょっと大人し過ぎ。ちと、心配だ^^;

「キックの星」が終わって露出が減った分、公に出るときはハイテンションで通した方がいいと思うんだけど。まるで、前回の負けを引きずってるような印象に見えてしまう……と個人的な意見^^;

あと、番組中で今大会の中継が発表されてました。バンゲリングベイ主催の興行なんで須藤選手中心の構成は難しいだろうから、「試合に勝利」→「すど通・特番」なんて流れにならないですかね^^;


当日は生観戦の予定だけど、久々の上京で「新宿フェイス」に辿り着けるか心配だ^^;





[RSS] [Admin] [NewEntry]



【バンゲリングベイ】1・13“天才”須藤信充、寒川戦を前に「僕の集大成を見せます」
 2007年12月12日(水)東京・新宿FACEにて、2008年1月13日(日)同所で行われるNPO法人バンゲリングベイ主催の第1回興行「BUNGELING BAY 縁 ~enishi~」の記者会見が行われ、メインで対決するJ-NETWORKミドル級王者・寒川直喜(バンゲリングベイ)と須藤信充(team SUDO)が出席した。(GBR)


延び延びになっていた記者会見がやっとこさ開かれた模様。
今回の会見では、いつものビックマウスは影を潜めていたようで、崖っぷち感が感じられます^^;
「大晦日には生肉を1kg食べながらテレビでK-1 Dynamite!!を見ます。今80kgぐらいありますけど、5kg落とせばいいだけの話だから余裕、余裕!」
このあたり↑は意地ですかね^^;

今日の会見の模様はサムライTVでオンエアあるんだろうか?試合の中継は?ついでに「すど通・特番」を激しく希望なんだけど、真吾パパの時にアレだったんでムリなんかなぁ^^;


■NPO法人バンゲリングベイ主催興行
 「BUNGELING BAY 縁 ~enishi~」
 2008年1月13日(日)東京・新宿FACE
 開場16:00 開始17:00予定

▼メインイベント 75.0kg契約 肘なしルール 3分5R
 寒川直喜(バンゲリングベイ/J-NETWORKミドル級王者)
 VS
 須藤信充(team SUDO/元全日本ライト級、元K-Uライト級、元NKBウェルター
 級、元NKBミドル級王者)



身長差あるな~^^; 寒川選手、180センチぐらいだっけ?

[RSS] [Admin] [NewEntry]

東スポの今年のプロレス大賞が決まったようです。

【最優秀選手賞(MVP)】
 三沢光晴(ノア)

【年間最高試合賞(ベストバウト)】
 小橋建太・高山善廣vs三沢光晴・秋山準
 (12/2 ノア・日本武道館)

【最優秀タッグチーム賞】
 真壁刀義・矢野通 組(新日本プロレス)

【殊勲賞】
 棚橋弘至(新日本プロレス)

【敢闘賞】
 森嶋猛(ノア)

【技能賞】
 関本大介(大日本プロレス)

【新人賞】
 B×Bハルク(ドラゴンゲート)

【カムバック賞】
 小橋建太(ノア)

【女子プロレス大賞】
 該当者なし

【功労賞】
 カール・ゴッチ



今年、一試合しかしてない小橋がその試合でベストバウトを獲得!
小橋の素晴らしさは重々わかってますが、なんかしっくりこないなぁ^^;
あの日は試合に感動したんじゃなくて、シチュエーションに感動したんじゃないのか?
まあ、当然それ込みでの受賞なんだろうけど…

去年は1人も受賞者の出なかった(受賞者ナシは2005年でしたね^^;)愛する新日本^^;からは最優秀タッグと殊勲賞を受賞。棚橋、惜しかったね。

田中(01MAX)、RG(ハッスル)、後藤(新日本)にもなんかあげて欲しかったと思うんだが。特に、RG。新人賞どころか、MVP候補でしょ^^;



*一箇所、訂正しました。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。