猪木・新間・馬場

IWGP構想

IWGP構想 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

アントニオ猪木、旗揚げ戦とIWGP構想についてコメント(スポーツナビ)

■猪木コメント

 IGF参戦のジョシュ、カートともにすでに熱くなっておりますが、彼らの要望でもありますしIGFの旗揚げには、「世界中の王者を集結させた戦い」IWGP本来の姿に戻すべく、初代IWGPを賭けた戦いを検討しております。カート・アングルもTNAのチャンピオンとしての誇りもあるでしょうし、また、ジョシュ・バーネットもこのベルトを巻くのに十分な資格があると思います。ブロック・レスナーも3代目のベルトを保持している以上、初代のベルトには無関心ではいられないでしょうし、そうなった場合は自身のベルトを賭けざるをえないでしょう。日本人選手でもこのベルト奪回を目論んでいる奴がいるようですし。とにかく、IGFは強くあることを目指します。



当面、IGFは「IWGP」を軸にして展開していきそうです。各方面で混乱は必死でしょうが、この路線は大賛成。

新日本がなかった事にしようとしている「王者レスナー」を蒸し返してくれるのは自分にとっては非常にありがたいです。
本来の「IWGP構想」を考えると当然の流れだし、レスナーに「オレは誰にも負けてないし、返上した覚えもない」と言われると現在の王者はなにより辛いし…^^;

自分の願いは、とにかく「レスナーからIWGPのベルトを引っぺがす」こと。IGFにはコレを念頭においたストーリーで走ってほしいです^^;

あと、猪木のコメント中にある「ベルト奪回を目論む日本人選手」が「現王者・永田裕志」であってほしいのは言うまでもないです。

今は「ブロック・レスナーの参戦が正式に決定」のニュースがいちばん欲しい。


カクトウログさんがアクセス数500万を突破されました。おめでとうございます。
で、申し訳ないことに踏んじゃいました5000000^^;
ごめんなさい、私なんかで…
プロレス、格闘技を扱うブログの頂点だと思ってます。これからも頑張ってください。



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pazukara.blog77.fc2.com/tb.php/144-c0d81d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。