猪木・新間・馬場

PRIDEが消滅!!

PRIDEが消滅!! に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

10周年記念日(10月11日)を1週間後に控えたPRIDEに超ド級の衝撃が走った。旧体制DSEからPRIDEの権利を引き継ぎ運営していくはずだった新会社PRIDE FC WORLD WIDE(PWW)が、日本の全社員に解雇を通告。PWWも解散することとなった。このままPRIDE消滅の公算が高くなった。
あまりにも突然すぎる〝暴挙〟に、誰もが言葉を失った。4日午前10時、米UFCのオーナー、ロレンゾ・フェティータ氏から送り込まれてきたジェイミー・ポラックPWW社長は、DSEからPWWへと移籍していた日本人社員約20名を集めて会議を開いた(ポラック社長は電話で参加。代理人が出席)そこで通知されたのは全社員の解雇(1か月後の11月4日付けで)とPWWの解散だった…。
代理人は「質問があったらメールで問い合わせて下さい」とだけ言い残して会社名義の携帯電話やパソコンを没収。「私物を整理して出て行ってくれ」とわずか30分ほどで全社員を追い出し、事務所を封鎖してしまった。
もちろんPRIDE復活を信じて動いていた社員は、あ然とするしかない。元社員は「茫然自失です。悲しいですね。ファンの皆さんに対してキチンと説明できないのが悲しいし、申し訳ない。乱暴な順番だと思います。」と悲痛な表情。自身の境遇を差し置いて、PRIDEを支え、愛してきたファンに謝罪した。
米国から新たに派遣されてくる社員によってPRIDEを再開させるという可能性はわずかながら残されているものの「PRIDE」という世界観を作り上げたスタッフを全員クビにしたことでPRIDE消滅は確実視されている。一時代を築いたPRIDEが、歴史から消え去ることは避けられなくなってきた。

(東スポ携帯サイト)


あまりにも突然な衝撃ニュースなので、全文引用^^;

「ロレンゾがPRIDEのオーナーになろうが、オレには関係ない。PRIDEを叩きのめすだけだ!」ダナ・ホワイトの言葉が形を変えて現実になっちゃった。

ついこの間に、サムライで『鼓動~総合格闘技の未来~』なんていうPRIDE再開を期待させる番組があったばかりなのに…
それにしても、「解散」のリリースもなしに事務所閉鎖とは。まるで夜逃げじゃないか!

有志による再開の噂があったけど、『PRIDE』ブランドが使えるようになればいいんだけど。そりゃ、ムシのいいはなしか…

妨害?があったにせよ、「米」のやり方に怒りを感じる!!


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pazukara.blog77.fc2.com/tb.php/189-b40d5d1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。