猪木・新間・馬場

「TNAのIWGP挑戦は白紙」な問題

「TNAのIWGP挑戦は白紙」な問題 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

「TNAのIWGP挑戦は白紙」/菅林社長がTNAとの対抗戦についてコメント!強調文(新日オフィシャル)
我々は、IWGPの王者は棚橋弘至が世界で1人としていますので、TNAが保持するIWGP王座は一切認めておりません。世間では棚橋弘至対カート・アングルの統一戦を行なうべきという声も挙がってはいるのですが、IWGP王者である棚橋選手が向こうの思うままに挑戦してしまうと、我々の正当なIWGPが格下と位置付けられてしまいます。
今日現在、TNAから回答が無いので、IWGPのTNA挑戦枠は本日をもって終了とし、白紙にします。


新日本、頑張りどころですね。去年の今頃には考えられないほどの状況になってるんだから、なんとしてもうまいこと乗り切ってほしいです。
ただ、TNAとの全面対抗戦としているドーム大会のメインが新日選手同士のIWGP戦になることだけはカンベンだなぁ。

カート・アングルの持つベルトは棚橋選手ではなく他の人間が取り返し、その上でタイトルを封印します。

これ↑なんですが、3代目ベルトがレスナーからアングルに移動したときは確か、タイトルマッチとは謳ってなかったハズ^^; 今回も、正式にタイトルマッチとはせずに、勝った場合にのみ「実はタイトル戦だったんだよー」な作戦か?
これはこれで素晴らしいアイデアですが…^^;

誰もが納得できるウルトラCはないですかね。


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pazukara.blog77.fc2.com/tb.php/210-ce6d7ce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。